肝臓がんの名医がいる病院の検索



ガン治療に最も効果的な食事法
肝臓がん名医を見つけるためにも、この病気について知ることが大切です。増加傾向にあるだけに、他人事ではすみません。この病気の原因としては肝炎ウィルスの関与が大きなものとして挙げられます。また、80%ほどの人が肝硬変を伴うことも特徴です。

他に肝臓がんの症状としては、体重減少、発熱、黄疸、呼吸困難、腹部膨満感、吐血、腹痛や貧血、冷や汗、頻脈などがあります。ただし、これらは初期症状として現われるだけではなく、悪化してから見られることが多いため、症状が見つかった頃には初期症状とは呼べないケースが多く見られます。

それが、早期発見が遅れる原因の一つでもあります。定期的な検診を受けることによって、早い段階で見つけられる可能性を高めておくことが大切です。肝臓がんの検診には、腫瘍マーカーを用いる血液検査と画像診断、組織検査があります。

血液検査では、血液中にAFP(アルファ・フェトプロテイン)やPIVKA−U(異常プロトロンビン)といった腫瘍マーカーが異常値を示していないかを調べる方法です。ただし、腫瘍メーカーは肝臓がん以外の原因で異常値を示す場合もありますので、腫瘍メーカーのみでは断定できません。

そのため、腫瘍マーカーに加え、画像検査も行われます。画像検査の主な方法としては、超音波検査とCT検査があります。超音波検査では、体外から超音波を照射し、そこからの反射を画像にするものです。CT検査ではX線を用います。他に、MRIや肝動脈血管造影検査が行われることもあります。

さらに、肝臓がんの検診を決定的にするために役立つのが、針生検による組織検査です。細い針で組織を採取し、その組織を顕微鏡で調べるという方法です。これらで症状が見つかったら、早く名医を見つけ、治療を受けることが必要です。

治療の中心は外科的な肝切除と内科的な肝動脈塞栓術(TAE)、経皮的エタノール注入法(PEIT)で、他にマイクロ波治療法や抗がん剤を用いる化学療法、放射線療法があります。

完治に向けて大きな役割を果たすのは、肝臓がんの手術で肝切除を行うことです。ただし、他の部位に転移していないことや、肝硬変が悪化していないことが条件となっており、必ずこの手術を行えるわけではありません。肝機能の低下が見られることもありますので、専門医から十分に説明を受けてから手術に臨んでください。

経皮的エタノール注入法(PEIT)では、エタノールをがん組織に注入し、たんぱく質の凝固作用を利用して癌細胞を死滅させる方法です。この方法では副作用が少なく、再発しても繰り返し使うことができるというメリットがあります。

肝動脈閉塞術(TAE)は肝動脈をふさいで、癌細胞への酸素や栄養の供給を止める方法です。この方法は、すでに手術で肝切除ができない場合にも対応できます。これらの方法を駆使して、肝臓がんの名医と共に完治を目指しましょう。

肝臓がん名医のいる病院の探し方
続いて、闘病記について考えていきます。闘病記は患者さんが個人的な経験談を綴ったものですので、必然的にその方の主観や症状の変化が大きく関わってきます。たとえば、まだ転移が始まっていなく、悪性腫瘍も初期症状にとどまっているとします。手術で容易に摘出できる状態であり、実際に手術で切除することに成功したとしたら、その方は闘病記に主治医は名医であると書くことが十分にありえます。

肝細胞癌の症状<基本編>
もし医師が病名さえ分からない状態で治療や手術をしようとしていたら、患者としては止めてくれと言いたくなります。治療に入る前に、他に名医を見つけてちゃんと検査を受けるのがまともな考えでしょう。医師にはそれだけのことを求めながら、自分は肝細胞癌の症状さえ知らないというのは、お粗末な話ではないでしょうか?

肝臓がん名医と呼ばれる医師
肝臓がん名医には多くの実績があるのですから、救われた患者は数多くいますし、手術や治療に立ち会った助手や看護士も少なくありません。これらの人から口コミで評判が広まることは容易に予想できるでしょう。しかし、個人の人脈には限界がありますから、知人に聞いてみても心当たりがないということもあるはずです。そんな時には、インターネットを使いましょう。

癌(がん・ガン)の基礎知識
もしそれが記載されていないのなら、出版社に問い合わせてみてもよいでしょう。雑誌の売上を伸ばすためにいい加減な名医ランキングを掲載していることもありえますので、鵜呑みにするのは危険です。自分の価値観と照らし合わせて、納得できるかどうかが大切な判断基準の一つです。

癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
しかし、現実は情報がうまく行き渡っていないために、そのようなことはありません。肝臓がん治療を名医から受けられる病院を見つけることさえ出きれば、そこで治療してもらえる可能性は高くなります。つまり、道のりは険しいものの、うまく乗り越えればそれに見合うだけの報酬が待っているのです。

がんの名医と食事療法
つづいて、経皮的エタノール注入法(PEIT)という方法があります。これはエタノールを癌組織に繰り返し注入し、たんぱく質凝固作用で癌細胞を死滅させるものです。経皮的エタノール注入法(PEIT)は初期症状の場合には特に効果が高く、再発しても繰り返し使える方法という利点があります。
ガン治療に最も効果的な食事法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。